時代の先端を裏から支えるフジデジタルイメージング

最近、街中やショッピングセンター、家電量販店、ホームセンターなどを歩いていて、宣伝手法が変わったなと思うことはありませんか?
かつてはポスターやPOP、店員さんの説明が主流でしたが、近年ではディスプレイが設置され、映像が流れることが増えています。
画像や映像で確認できるというのは、その商品に対するイメージを深め、よりよく知るうえでポイントが高いと思いませんか。
たとえば、調理家電を買おうとしたとして、どんな風に操作するのか、どんな出来上がりなのかは気になります。
掃除機などであれば、その場でお試しコーナーがあるものもありますが、ホームベーカリーなどは何時間もかけて焼き上がりを確かめることはできません。
そんな時、映像で材料のセットの仕方から焼き上がりまで、簡単に見ることができればイメージは膨らむでしょう。
こうした映像による効果的な宣伝媒体はデジタルサイネージと呼ばれています。
その技術を裏から支えているのが、フジデジタルイメージングなのです。