媒介契約を交わす不動産会社の選びかた

不動産会社に頼んで販売活動を行なってもらうには、媒介契約を締結することになります。
専属専任媒介契約や専任媒介契約では、依頼した側は契約有効期間の3ヶ月間以内はほかの業者と媒介契約を締結することができません。
そのため、専属専任媒介契約や専任媒介契約の場合、効果的な販売活動を積極的にしてくれて買い手を探し出してくれる業者でなければいけません。
でなければ、媒介契約の有効期間をただ無駄に過ごし、その後の売買価格にも影響をおよぼしてしまう原因にもなりかねません。

そのため、複数の候補の業者はあるものの、どこも変わり映えがしないような印象を受けるのであれば、まずはほかの業者とも媒介契約を締結することが可能な一般媒介契約を交わして様子を見るというのもひとつの手です。
ただし、一般媒介契約ではほかの業者に先を越されると販売活動に費やしたコストが無駄になってしまうということで、積極的に販売活動を行なってくれないこともあります。
ただその中でも懸命に活動を行なってくれるような業者であれば好印象であり、その業者と専属専任媒介契約や専任媒介契約を交わします。
その結果、物件が売れずに信頼が置けないということであれば、契約有効期間満了をもって別の業者との契約に切りかえるという手があります。
Webサイトの不動産売却のカウンセラーでは、上記のような媒介契約のほかの仲介における不動産売却に関するお役立ち情報が集約されていますので、ぜひご覧ください。