社員のために経営者ができる事とは?

日本国内では、慢性的な人手不足が続いています。
失業率が多いのに人手が足りずに黒字倒産をしてしまう企業が後を絶ちません。
なぜこのような事が起きているのかというと、経営者が社員に対しての行動や言動が今の時代に合っていないからという理由がひとつ挙げられます。
昭和の時代は社員はファミリーでした。
サービス残業や休日出勤などは当たり前で、休日に社員の家族を誘ってバーベキューなども当たり前でした。
会社が家族のような物でしたし、専業主婦が多かったので、いくら残業をしても、家事や子育てをしなくても大丈夫でした。

しかし時代は変わり共働きが当たり前になった時、仕事だけしていればよいという状況では無くなってしまいました。
また、共働きに加え会社の倒産やリストラなども横行し終身雇用制度が崩壊してしまっている現在では、会社に縛り付けることはできなくなってしまっているのです。

経営者が社員のためにできる事と言えば、金銭面での満足度を与えると共に、業務の効率化をしっかりとはかって、社員の負担を少なくしつつ満足度の高い仕事をしてもらうことです。
例えばコボットのようなRobotic Process Automationサービスを導入するなど、環境を整えてあげることも需要になってきます。